リタゲ追客はアフィリエイト特単獲得で稼ぐためのコスト

アフィリエイト
著者情報
この記事を書いている人
YSD
在宅SEOディレクター。WEBデザインとプログラミングは苦手。 1980年生まれ。SEOは外部リンクが9割。本腰入れるのが苦手でWEB収益月100万まで10年かかった。
YSDをフォローする

まだ大幅に書き途中の記事を横目に新規投稿。自己紹介すらまともにまだ書いてないや。

スマホで投稿 PCで加筆修正してるからごめんなさい。いままでの記事も大きく加筆されます。

あとどうせこの更新頻度は、持たないのさ。

アフィリエイトで稼ぐ秘訣は?報酬が大きく跳ねたキッカケは?特単獲得と答えるアフィリエイターの人は多いはず。

私はアフィリエイト始めて6年間特単なんてもらったことなかった。なんかすげー世界だなーなんて横目に見てた。オファーはきたけど、獲得数の条件ムリっすって正直に逆コミットしたら連絡こなくなった。

特単でどうやったらもらえるの?

っていう人にも少しは役立つかもしれない。ちなみにこの回答は、ASPの担当の人に普通にお願い、相談してみるのが一番はやい。これに気がついたのは8年目だった。

普通は、案件数の獲得を一定以上おこなうと、なんというか、サイトも目立つようになり、広告主から提案がきたりする。ASPの担当者も、連絡してきてくれたりする。すごいテンションあがる瞬間だ。

でも、初心者アフィリエイターや、私のような、だらだらと稼いでいるような者は、特単をもらえるようなラインまでなかなか至らないのである。結論としては上記で述べた通りだが、私が特単の連絡をもらうようになったのは、リタゲによって発生数を大きく伸ばしたことだと思っている。

リタゲについて紹介しておく。アフィリエイターでやってない人めっちゃ多いけど、勿体無い。

サイト訪問者のうち、圧倒的多数は離脱者だ。

(なかには月5PVで、2成約とるなんて、まさに研ぎ澄まされた訴求をしている人もいるけど、ちょっと例外にしていいですか。。)

9割以上が離脱する。だけど、離脱は必ずしもあなたのサイトに興味がないわけじゃない。

LINEが届いたり、電車で目的地についたり、聞いてた音楽のチャンネルを変えたり、あなたのサイトを見ているデバイスは、生活の全てに溶け込んでいる。

そこで一旦離脱してしまっても、興味あったことさえ忘れてしまって日々生活していることが私たちは多い。

リタゲはそんなユーザーにあなたのサイトへの再訪を促すことができる最高のツールだ。

googleの人も、リタゲ使わないと長期的なパフォーマンスを出すことは難しいっていってた。

(リタゲ前のアドワーズって?????という疑問はあるよね)

リタゲの出稿の仕方は割愛する。

コンバージョン単価は、通常の検索ユーザーに対して1/5程度になることも珍しくない。

リタゲはディスプレイネットワークの配信がイメージ強いが、かなりおすすめできるのはRLSAという検索広告に出すリタゲだ。このRLSAは3ヶ月で1000以上(たしか。)の検索流入ユーザーデータが必要なので、出稿できる人も限られてしまうかもしれない。

ぜひぜひやってみてというくらいで乱暴に一旦記事をしまう。

嫁がおきてきたから。。。

ほらね、離脱、するでしょう。。

また加筆します!!!それでも公開するのはgoogleのため。

ユーザーファーストじゃないこのブログを許して。

※追記

実際にリタゲやってアフィリエイト収益はどう変わる?

実施したのは一件成約で2000円前後の案件。

承認率は8割以上。

スタート時期が良くてそこそこ稼がせてもらった。

ジャンル名+おすすめ 効果 比較 高い 最安

あたりのワードでサイト作って当時月10万円。

ここにリタゲをいれました。

コンバージョン単価は3000円から5000円。

一件成約するごとに1000円から2000円捨ててる気分です。

最初は、この数字自体を改善して利益出そうとしてた。戦略は間違ってたけど、結果戦術としては思わぬ成果として特単オファーへ繋がった。

サイト作ったら、リターゲティングのタグだけはすぐ入れよう。将来使わないかもしれないけど、データは最初っからあったほうがいいよ。

コメント